小荷物(読み)こにもつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小荷物」の解説

小荷物
こにもつ

鉄道貨物のうち,手荷物以外の,比較的少量でかつ旅客列車に連結された荷物車によって運送される物のこと。小荷物として託送が認められる物品は,重量容積品種などについて日本貨物鉄道の定める条件を満たしていなければならない。種類は取扱いおよび運賃などの規定によって,駅留小荷物と配達小荷物,通常小荷物 (通常運賃を適用) ,割増小荷物 (貴重品,動物など割増運賃を適用) ,貨物扱い小荷物 (荷物車を貸切る) ,運賃割引小荷物,無賃小荷物などに分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「小荷物」の解説

こ‐にもつ【小荷物】

〘名〙
① 携帯できる程度の小さい荷物。軽くて小型の荷物。
※思出の(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「身のまわりの小荷物はちゃんと片隅に置いて」
鉄道で、おもに旅客列車で迅速に運送される、手荷物以外の小型で軽量の荷物。鉄道小荷物

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「小荷物」の解説

小荷物【こにもつ】

旅客列車に連結される荷物車で運ばれる物品。俗に客車便。小型,軽量のものに限られるが,貨車便より所要時日が短い。新聞・雑誌,生鮮食料品,少量高価品などが主で,運賃は貨車便より割高となるが,新聞・雑誌には特別扱による割引がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「小荷物」の解説

小荷物
こにもつ

小型、軽量の荷物。かつては鉄道小荷物をさしたが、1970年代後半以降普及した、小口貨物輸送の一種である宅配便で扱われる荷物を示す用語としても使われるようになった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小荷物の言及

【鉄道荷物】より

…鉄道により輸送される少量物品をいい,日本国有鉄道では手荷物,小荷物,新聞・雑誌,郵便物を取り扱ってきた。手荷物とは,旅客の旅行に必要な物品で車内に持ちこめないものを託送するもので,乗車券を呈示することにより一般の小荷物より割安な運賃となっており,旅客とほぼ同時期に到着するものであった。…

※「小荷物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android