名古屋ういろう(読み)なごやういろう

事典 日本の地域ブランド・名産品「名古屋ういろう」の解説

名古屋ういろう[菓子]
なごやういろう

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に名古屋市で製造されている。名古屋に伝わったのは江戸時代初期の1659(万治2)年とされ、尾張藩に仕えていた陳元宝が御用商人であった餅屋文蔵に製法を教えたことに始まるという。ういろうの原料は全国各地で異なるが、名古屋では米粉を用いるのが一般的。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android