コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名簿式比例代表制 めいぼしきひれいだいひょうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名簿式比例代表制
めいぼしきひれいだいひょうせい

選挙人に対して,各党のつくった候補者名簿に投票させる制度であって,各党はその名簿が取得した得票数に比例して議席の配分を受ける。ただし当選標準点に達した候補者の余剰票を移譲する場合,名簿記載の順序に従って行うか (拘束式) ,候補者の得票の順位に従って行うか (非拘束式) の2つの方式に分れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいぼしきひれいだいひょうせい【名簿式比例代表制】

比例代表制の一方式。各政党があらかじめ届け出ておいた候補者名簿により比例代表を決めるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

名簿式比例代表制の関連キーワード小選挙区比例代表並立制非拘束名簿式比例代表制参議院議員通常選挙衆議院議員総選挙トルコ総選挙比例代表制公職選挙法オランダ選挙制度参議院全国区選挙人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名簿式比例代表制の関連情報