名簿(読み)ミョウブ

デジタル大辞泉「名簿」の解説

みょう‐ぶ〔ミヤウ‐〕【名簿/名符】

古代中世官途に就いたり、弟子として入門したり、家人けにんとして従属したりする際、貴人・長上師匠に身分明として送る自分の姓名を書いた名札なづき。名書なぶみ二字にじ

めい‐ぼ【名簿】

ある組織・団体などに属する人の氏名や住所を書き連ねた帳簿。「選挙人名簿
[類語]リスト紳士録ブラックリスト名鑑人名簿住所録ディレクトリー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「名簿」の解説

名簿
みょうぶ

姓名を記した書付
平安中期以降,地方武士などが中央の権門勢家と主従関係を結ぶ場合,名簿を提出することでその証とした。名簿の提出=主従関係の成立とみる学説がある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「名簿」の解説

めい‐ぼ【名簿】

〘名〙
① 名を書き連ねた帳簿。
※日本外史(1827)二「汝父納名簿於一レ我、以獲敵」 〔北史‐盧同伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「名簿」の解説

みょうぶ【名簿】

官位,姓名等を記した名札。名付(なづき),二字(にじ)ともいう。平安時代,貴族社会の風習として,貴人にはじめて会う際のとして提出したり,弟子として師事する場合に提出したりした。また地方豪族の子弟らが京に上り,縁故をもとめて権門勢家に姓名を記して提出,主従関係を結ぶ慣習があった。《将門記》には平将門が藤原忠平に名簿を呈したとあり,《今昔物語集》には平忠常源頼信に名簿を入れて降伏したとある。このように武士の間でもその風が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の名簿の言及

【家人】より

…一つは代々主従関係を結んでいる譜代の家人を中心とした直属の家人で,主人への服従の度合が強い。もう一つは名簿(みようぶ)といって自分の名前を記した文書を提出するのみで家人となったり,1度だけの対面の儀式(見参の礼)で家人となったもので,〈家礼(けらい)〉と呼ばれて主人の命令に必ずしも従わなくてよい,服従の度合の弱い家人である。このような家人のタイプに応じて,鎌倉幕府は御家人制を整備した。…

※「名簿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android