君子は言に訥にして、行いに敏ならんと欲す(読み)くんしはげんにとつにして、おこないにびんならんとほっす

故事成語を知る辞典の解説

君子は言に訥にして、行いに敏ならんと欲す

何をうかよりもどう行動するかの方が大切だという戒め。

[由来] 「論語じん」に出て来る孔子のことば。「君子は言に訥にして、行いにならんと欲す(立派な人物ならば、口は重く、実践において素早くありたいものだ)」とあります。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android