含浸(読み)ガンシン

化学辞典 第2版「含浸」の解説

含浸
ガンシン
impregnation

多孔質物質に液状物質をしみ込ませること.形態として,
(1)液状物質を多孔質物質中でそのまま保持させる,
(2)液状物質を多孔質物質内部にしみ込ませ,液体を蒸発させて,液体物質内成分を多孔質物質内で析出させる,
(3)液状物質をそのまま固化させ多孔を埋めてち密体を作成する,
(4)複合材料をつくる方法の一つ,
などがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「含浸」の解説

がん‐しん【含浸】

[名](スル)紙や木材鋳物に生じる微細な穴などに、液体をしみこませること。「防虫剤を含浸させた木材」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android