含浸(読み)ガンシン

デジタル大辞泉 「含浸」の意味・読み・例文・類語

がん‐しん【含浸】

[名](スル)紙や木材鋳物に生じる微細な穴などに、液体をしみこませること。「防虫剤含浸させた木材」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「含浸」の解説

含浸
ガンシン
impregnation

多孔質物質に液状物質をしみ込ませること.形態として,
(1)液状物質を多孔質物質中でそのまま保持させる,
(2)液状物質を多孔質物質内部にしみ込ませ,液体を蒸発させて,液体物質内成分を多孔質物質内で析出させる,
(3)液状物質をそのまま固化させ多孔を埋めてち密体を作成する,
(4)複合材料をつくる方法一つ
などがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android