コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収作用 きゅうしゅうさよう

岩石学辞典の解説

吸収作用

absorption: 固体岩体または集合体による,気体または液体の同化作用または結合.
imbibition: 溶液の岩石への浸透,あるいは岩石による溶液の吸収過程.添加された物質が成長する結晶の構造に化学的に結合して,その結晶の一部を完全に形作る過程[Spry : 1969, Baker : 1990].ラクロアは堆積岩に花崗岩化の流体が浸透し吸収されてできたものをインビビション片麻岩(imbibition gneiss)と呼んだ[Lacroix : 1898].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

吸収作用の関連キーワードハラー(Albrecht von Haller)ムズターグ・アタインビビションクロロフィル塩基性肥料根圏菌類吸入器日焼け軟膏剤鑑定羞明減光腹膜蒸散

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸収作用の関連情報