コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子吸光分析 ゲンシキュウコウブンセキ

デジタル大辞泉の解説

げんし‐きゅうこうぶんせき〔‐キフクワウブンセキ〕【原子吸光分析】

試料を加熱し、気体状態にした原子に光を当て、その原子による吸収スペクトルを調べることで、試料に含まれる原子の定量的な分析を行う手法。AAS(atomic absorption spectrometry)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

原子吸光分析

 原子を気体状態にしてその吸光度から原子の量を定量する方法.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子吸光分析
げんしきゅうこうぶんせき
atomic absorption analysis

気体状態の原子に光を当てると基底状態にある原子が光を吸収して励起される。このときの吸収の強さを測定して元素の定量分析を行う方法をいう。試料は、溶液状にしたものを炎(アセチレンと空気、アセチレンと酸化二窒素などの炎がよく用いられる)の中に霧状にして送り込んで炎の熱で原子化するか、黒鉛や高融点金属上に一定量の試料を置いたのちに電流を流し、その際に発する電熱を利用して原子化するのが普通である。前者の方式をフレーム法、後者のように炎を用いない方式を電気加熱法とよんでいる。光源は、被検元素と同じ波長の光を発する中空陰極放電管を使い、原子層を透過後に分光器で分光し、検出器で吸収の強さを読み取る。被検元素の濃度と吸収の強さとの関係から定量分析を行う。多元素の同時定量や定性分析には不向きであるが、測定が簡単で、かつ高感度であるため、主として金属元素の微量分析に用いられている。[高田健夫]
『鈴木正巳著『機器分析実技シリーズ 原子吸光分析法』(1984・共立出版) ▽不破敬一郎他編『最新原子吸光分析 原理と応用3』(1989・廣川書店) ▽庄野利之・脇田久伸編著、渋谷康彦他著『入門機器分析化学演習』(1999・三共出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

原子吸光分析の関連キーワードアトマイザー化学探査分光分析燃焼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android