吸収法則(読み)きゅうしゅうほうそく(英語表記)law of absorption

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収法則
きゅうしゅうほうそく
law of absorption

吸収律ともいう。集合の演算 ∪ (結び) および ∩ (交わり) について,次の法則が成り立つ。
A∪(AB)=AA∩(AB)=A
これを吸収法則という。一般に,∪ ,∩ を演算とするとき,この法則が成り立つ。集合演算の場合は,その特別の場合で,集合束がブール束になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅうしゅう‐ほうそく キフシウハフソク【吸収法則】

〘名〙 ブール代数の法則の一対。L∪(L∩M)=L および L∩(L∪M)=L をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる