コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収法則 きゅうしゅうほうそくlaw of absorption

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収法則
きゅうしゅうほうそく
law of absorption

吸収律ともいう。集合の演算 ∪ (結び) および ∩ (交わり) について,次の法則が成り立つ。
A∪(AB)=AA∩(AB)=A
これを吸収法則という。一般に,∪ ,∩ を演算とするとき,この法則が成り立つ。集合演算の場合は,その特別の場合で,集合束がブール束になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報