吸取り紙(読み)すいとりがみ(英語表記)blotting paper

翻訳|blotting paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸取り紙
すいとりがみ
blotting paper

インキの吸取りなどに用いられる吸水性の高い紙。紙パルプ産業のなかでは,雑種紙のうち特殊紙と呼ばれる範囲に入る。原料には木綿ぼろ,化学パルプ砕木パルプなどが用いられ,材料の選択や中間処理の過程で多孔性の組成になるよう工夫されており,この多孔質の組成に水分が吸込まれるようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいとり‐がみ〔すひとり‐〕【吸(い)取り紙】

インクなどで書いたあと、上から押し当ててその水分を吸い取らせる紙。押し紙。すいとりし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android