コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸取り紙 すいとりがみblotting paper

翻訳|blotting paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸取り紙
すいとりがみ
blotting paper

インキの吸取りなどに用いられる吸水性の高い紙。紙パルプ産業のなかでは,雑種紙のうち特殊紙と呼ばれる範囲に入る。原料には木綿ぼろ,化学パルプ砕木パルプなどが用いられ,材料の選択や中間処理の過程で多孔性の組成になるよう工夫されており,この多孔質の組成に水分が吸込まれるようになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいとり‐がみ〔すひとり‐〕【吸(い)取り紙】

インクなどで書いたあと、上から押し当ててその水分を吸い取らせる紙。押し紙。すいとりし。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吸取り紙の関連キーワードジェームズ・リバーソーダパルプ毛管現象インクインキ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸取り紙の関連情報