コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹き抜け ふきぬけ

パラグライダー用語辞典の解説

吹き抜け

山や崖などの切れ目では風が収束されるため、局地的に強くなっており、吹き抜けと呼ばれている。また、そのような切れ間は同時にリッジリフトも無くなる場合が多く、安易に進入すると脱出できなくなる場合がある。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

吹き抜けの関連キーワード4サイクルエンジン(フォーサイクルエンジン)2サイクルエンジン(ツーサイクルエンジン)クイーンビクトリアビルディングヴェンチュリ効果(気象学)アウグストゥスブルク宮殿吹き抜き・吹抜き・吹き貫アトリウムウェディングサンタ・アナ(砂漠風)カスタマンダップ寺院大修道院付属図書館シーリングファンル・コルビュジエキャットウォーク吹き通し・吹通し渋谷ストリームハワイ州政府庁ステンドグラス表参道ヒルズブルーモスクアクロス福岡

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹き抜けの関連情報