コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吻合術 ふんごうじゅつanastomosis

翻訳|anastomosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吻合術
ふんごうじゅつ
anastomosis

管腔のある臓器 (胃,腸,胆管,血管,気管など) の手術で,管腔をふさがず,再び活用できるように縫合する方法をいう。吻合術には,それぞれの臓器の特徴に応じた注意が特に必要となる。消化管の吻合形式は端々吻合,側々吻合,端側または側端吻合の3つに大別される。血管の吻合には血管吻合器が広く利用されている。胆管,尿管の吻合では縫合糸が内腔に露出していると結石の核となることがあるので,吸収されてしまうカットグートなどを使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吻合術の関連キーワードダンディー=ウォーカー症候群鼻涙管狭窄/鼻涙管閉塞先天性胆道拡張症ウィリス動脈輪脳室腹腔吻合術尿路変更術膀胱がん水頭症不妊症再建術減圧術単心室環状膵食道炎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android