コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吻合 フンゴウ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐ごう〔‐ガフ〕【×吻合】

[名](スル)《上下のくちびるがぴったり合うの意》
物事がしっくり合うこと。一致すること。「双方の話が吻合する」
血管・神経などが相互に連絡をもつこと。また、血管や腸管などの端どうしを手術によってつなぐこと。「動脈吻合

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんごう【吻合】

( 名 ) スル
〔上下の唇が合う意〕
二つの事柄がぴったり一致すること。符合。 「前後の事情に照すに、しつくりと-する/伊沢蘭軒 鷗外
血管や管状構造の臓器、神経がそれぞれ互いに連絡していること。
手術によって管腔臓器の二つの部分をつなぎ合わせること。 「 -術」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吻合
ふんごう
anastomosis

血管や神経などが相互に連絡をもつ状態をいう。たとえば、高等動物の血管は相互に網の目状に連絡しており、その一部に血流障害があっても、他から側副血行路を介して血流が保たれるようになっている。また、動脈から静脈へは毛細血管を経て移行するが、鼻粘膜や一部の皮膚では動脈から静脈へ直接移行する誘導循環がみられ、動静脈合とよばれ、体温調節などに役だっている。一方、生理的には分離しているべき内腔(ないくう)や臓器が病的に連絡をもつ場合もある。たとえば、動静脈奇形(動静脈瘻(ろう))、ボタロー管開存症、食道気管瘻などがある。
 外科的治療の目的で吻合を行う場合も少なくない。消化管では胃空腸吻合術はごく一般的に行われているほか、近年は血管の吻合技術が著しく進歩し、脳神経外科領域などでは顕微鏡下で1ミリ以下の神経や血管の吻合術も行われるようになっている。[加川瑞夫・山本昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吻合の関連キーワードダンディー=ウォーカー症候群腸間膜動脈性十二指腸閉塞症ブラロック=トーシク手術ファーテル=パチニ小体マイクロサージェリー大腸損傷(結腸損傷)特発性総胆管拡張症経管腔的内視鏡手術術後逆流性食道炎回腸横行結腸吻合先天性胆道拡張症フリーマーチン脳室腹腔吻合術ウィリス動脈輪輸入脚症候群ラステリ手術内シャント大脳動脈輪シヌソイド胃空腸吻合

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吻合の関連情報