胆管(読み)たんかん(英語表記)bile duct

翻訳|bile duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「胆管」の解説

胆管
たんかん
bile duct

胆汁の輸液組織の一部。肝小葉の中で網状となっている毛細胆管は,肝小葉を出ると小葉間胆管となり,2本の肝管にまとまって肝門から肝臓の外に出る。これが1本の総肝管となり,さらに胆嚢に続く胆嚢管と合流して総胆管となって,十二指腸乳頭に開いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「胆管」の解説

たん‐かん ‥クヮン【胆管】

〘名〙 肝臓から十二指腸へ胆汁を運ぶ管。輸胆管。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「胆管」の解説

たんかん【胆管 bile duct】

肝臓と十二指腸の間にある胆汁の排出路で,輸胆管ともいう。このなかで,肝臓の中にある部分を肝内胆管,肝臓を出てからの部分を肝外胆管と称し,左と右からのもの(それぞれ左肝管,右肝管という)がいっしょになってから,胆囊に連なる胆囊管に合流するまでを総肝管,それ以下十二指腸の出口まで,あるいは膵管と合流するまでを総胆管と呼んでいる。また胆管と胆囊を合わせて胆道という。胆管が十二指腸乳頭で十二指腸に開口する場合,膵管といっしょになってから開く場合と,別々に開口している場合があるが,前者頻度が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android