コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆管 たんかんbile duct

翻訳|bile duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆管
たんかん
bile duct

胆汁の輸液管組織の一部。肝小葉の中で網状となっている毛細胆管は,肝小葉を出ると小葉間胆管となり,2本の肝管にまとまって肝門から肝臓の外に出る。これが1本の総肝管となり,さらに胆嚢に続く胆嚢管と合流して総胆管となって,十二指腸乳頭に開いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

胆管

 肝臓で合成された胆汁を十二指腸へ運ぶ管.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんかん【胆管 bile duct】

肝臓と十二指腸の間にある胆汁の排出路で,輸胆管ともいう。このなかで,肝臓の中にある部分を肝内胆管,肝臓を出てからの部分を肝外胆管と称し,左と右からのもの(それぞれ左肝管,右肝管という)がいっしょになってから,胆囊に連なる胆囊管に合流するまでを総肝管,それ以下十二指腸の出口まで,あるいは膵管と合流するまでを総胆管と呼んでいる。また胆管と胆囊を合わせて胆道という。胆管が十二指腸乳頭で十二指腸に開口する場合,膵管といっしょになってから開く場合と,別々に開口している場合があるが,前者の頻度が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんかん【胆管】

肝細胞から分泌された胆汁を十二指腸に輸送する管。肝内胆管が肝門部で合一し総肝管となり、さらに胆囊からくる胆囊管が合流して総胆管となり十二指腸に開口する。輸胆管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆管
たんかん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胆管の関連キーワード胆道(胆管、胆嚢)のしくみとはたらき内視鏡的逆行性胆管・膵管造影法原発性硬化性胆管炎(PSC)クールヴォアジェの法則特発性総胆管拡張症肝がんのいろいろ先天性胆道閉鎖症膵胆管合流異常難治性肝疾患総胆管拡張症総胆管結石症肝内胆管癌胆管細胞癌肝外胆管癌原発性肝癌胆管拡張胆道閉塞肝吸虫症胆道がん胆管がん

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆管の関連情報