コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆管 たんかん bile duct

翻訳|bile duct

6件 の用語解説(胆管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆管
たんかん
bile duct

胆汁の輸液管組織の一部。肝小葉の中で網状となっている毛細胆管は,肝小葉を出ると小葉間胆管となり,2本の肝管にまとまって肝門から肝臓の外に出る。これが1本の総肝管となり,さらに胆嚢に続く胆嚢管と合流して総胆管となって,十二指腸乳頭に開いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐かん〔‐クワン〕【胆管】

肝臓でつくられた胆汁十二指腸へ運ぶ通路。肝管胆嚢(たんのう)から来る胆嚢管、それらが合流した総胆管からなる。輸胆管。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

胆管

 肝臓で合成された胆汁を十二指腸へ運ぶ管.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんかん【胆管 bile duct】

肝臓と十二指腸の間にある胆汁の排出路で,輸胆管ともいう。このなかで,肝臓の中にある部分を肝内胆管,肝臓を出てからの部分を肝外胆管と称し,左と右からのもの(それぞれ左肝管,右肝管という)がいっしょになってから,胆囊に連なる胆囊管に合流するまでを総肝管,それ以下十二指腸の出口まで,あるいは膵管と合流するまでを総胆管と呼んでいる。また胆管と胆囊を合わせて胆道という。胆管が十二指腸乳頭で十二指腸に開口する場合,膵管といっしょになってから開く場合と,別々に開口している場合があるが,前者の頻度が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんかん【胆管】

肝細胞から分泌された胆汁を十二指腸に輸送する管。肝内胆管が肝門部で合一し総肝管となり、さらに胆囊からくる胆囊管が合流して総胆管となり十二指腸に開口する。輸胆管。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆管
たんかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胆管の関連キーワード十二指腸虫胆汁胆嚢先天性胆道閉鎖胃-十二指腸潰瘍十二指腸炎十二指腸カタル十二指腸腺腸肝循環胃潰瘍/十二指腸潰瘍

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胆管の関連情報