胆管(読み)たんかん(英語表記)bile duct

翻訳|bile duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆管
たんかん
bile duct

胆汁の輸液管組織の一部。肝小葉の中で網状となっている毛細胆管は,肝小葉を出ると小葉間胆管となり,2本の肝管にまとまって肝門から肝臓の外に出る。これが1本の総肝管となり,さらに胆嚢に続く胆嚢管と合流して総胆管となって,十二指腸乳頭に開いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんかん【胆管 bile duct】

肝臓と十二指腸の間にある胆汁の排出路で,輸胆管ともいう。このなかで,肝臓の中にある部分を肝内胆管,肝臓を出てからの部分を肝外胆管と称し,左と右からのもの(それぞれ左肝管,右肝管という)がいっしょになってから,胆囊に連なる胆囊管に合流するまでを総肝管,それ以下十二指腸の出口まで,あるいは膵管と合流するまでを総胆管と呼んでいる。また胆管と胆囊を合わせて胆道という。胆管が十二指腸乳頭で十二指腸に開口する場合,膵管といっしょになってから開く場合と,別々に開口している場合があるが,前者の頻度が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんかん【胆管】

肝細胞から分泌された胆汁を十二指腸に輸送する管。肝内胆管が肝門部で合一し総肝管となり、さらに胆囊からくる胆囊管が合流して総胆管となり十二指腸に開口する。輸胆管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐かん ‥クヮン【胆管】

〘名〙 肝臓から十二指腸へ胆汁を運ぶ管。輸胆管。〔解体新書(1774)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆管の関連情報