吾を哭し泣く(読み)あをねしなく

精選版 日本国語大辞典の解説

あ【吾】 を 哭(ね)し泣(な)

私を(声を立てて)泣かす。
※万葉(8C後)一四・三四七一「暫(しまら)くは寝つつもあらむを夢のみにもとな見えつつ安乎禰思奈久流(アヲネシナクル)
[補注]「泣く」は下二段活用の他動詞で、「泣かせる」という使役の意。一説に、下二段活用の自動詞として、「を」は間投助詞とみる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android