コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二段活用 にだんかつよう

大辞林 第三版の解説

にだんかつよう【二段活用】

〔語尾が五十音図の二段にわたるのでいう〕
日本語の文語動詞の活用形式の一。上二段活用・下二段活用の二種がある。語尾のイ・ウ段(上二段)・エ・ウ段(下二段)のいずれかの音に、「る」「れ」「よ」の音が規則的に添加される形式のもの。現代語では二段活用の動詞は存在せず、文語動詞の二段活用は、その大部分のものが一段活用に転じている。 → 上二段活用下二段活用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二段活用の関連キーワード悲しぶ・哀しぶ・愛しぶ愁ふ・憂ふ・愁う・憂う惜しむらくは上二段活用下二段活用恐るらくは見参に入るうながける潮干る珠矢を矧ぐ口を噤む風に付く忍ぶらふ心に染む正格活用変格活用心に付くさんす心焼く心別く

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二段活用の関連情報