使役(読み)しえき

精選版 日本国語大辞典「使役」の解説

し‐えき【使役】

〘名〙
① (━する) 人をつかって仕事をさせること。人に命じて職務につかせること。働かせること。
※史記抄(1477)一〇「使役であるほどに、呉から使役に出て還て其役を反するぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「少年を勧励し、工事の使役に供するに足らしめ」 〔管子‐小匡〕
② 軍隊で、勤務や訓練以外に臨時の仕事で兵隊を使うこと。また、その労働。
※真空地帯(1952)〈野間宏〉一「昼前、勤務と使役(シエキ)に出ていた兵隊たちがかえってくると」
文法で、他人にその動作を行なわせることを示す語法

つかい‐やく つかひ‥【使役】

〘名〙
※別所長治記(1580‐92頃)「大将秀吉。〈略〉次宿老。次使役〈廿八人〉」
② 徳川幕府の職名。使番②の旧称。
※吏徴(1845)別録「延宝三年乙卯正月廿六日御使役を御使番と改む」
③ 使者の役目。
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「風俗を使(ツカヒ)やくの女に作り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「使役」の解説

し‐えき【使役】

[名](スル)
人を使って何かをさせること。働かせること。「牛馬のごとく使役する」
文法で、ある行為を他人に行わせることを表す言い方。動詞に、文語では助動詞「」「さす」「しむ」など、口語では助動詞せる」「させる」「しめる」などを付けて言い表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の使役の言及

【使番】より

…本来は戦時の軍陣にあって伝令・巡視の役目を務めた。古くは使役(つかいやく)ともいった。1617年(元和3)定役となり,このときの員数は28人あるいは25人という。…

※「使役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android