コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻高湯[温泉] あづまたかゆ

2件 の用語解説(吾妻高湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吾妻高湯[温泉]【あづまたかゆ】

福島市にあり,旧名信夫(しのぶ)高湯。吾妻山の東麓,磐梯吾妻スカイラインの北東入口に当たる。福島盆地,霊山(りょうぜん)の展望のよい行楽温泉で,冬は一帯がスキー場となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あづまたかゆ【吾妻高湯[温泉]】

福島市吾妻山の東斜面,標高750mにある温泉。正式には高湯温泉といい,蔵王高湯,白布高湯とともに奥州三高湯の一つで,信夫(しのぶ)高湯ともいう。泉温は47℃,泉質は硫酸塩泉で,湯の華の特産がある。慶長年間(1596‐1615)に発見された温泉で,もとは夏の農閑期の湯治場であったが,1959年開通の磐梯吾妻スカイラインの入口に当たり,近くにゴルフ場,スキー場もあって,宿泊施設が増えた。【大澤 貞一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吾妻高湯[温泉]の関連キーワード吾妻山霧降高原高妻山土湯温泉戸隠山宝永山妙高高原赤平金剛東露

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone