コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻高湯[温泉] あづまたかゆ

百科事典マイペディアの解説

吾妻高湯[温泉]【あづまたかゆ】

福島市にあり,旧名信夫(しのぶ)高湯。吾妻山東麓磐梯吾妻スカイラインの北東入口に当たる。福島盆地霊山(りょうぜん)の展望のよい行楽温泉で,冬は一帯がスキー場となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あづまたかゆ【吾妻高湯[温泉]】

福島市吾妻山の東斜面,標高750mにある温泉。正式には高湯温泉といい,蔵王高湯,白布高湯とともに奥州三高湯の一つで,信夫(しのぶ)高湯ともいう。泉温は47℃,泉質は硫酸塩泉で,湯の華の特産がある。慶長年間(1596‐1615)に発見された温泉で,もとは夏の農閑期の湯治場であったが,1959年開通の磐梯吾妻スカイラインの入口に当たり,近くにゴルフ場,スキー場もあって,宿泊施設が増えた。【大澤 貞一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吾妻高湯[温泉]の関連キーワード高湯[温泉]福島市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android