呂旋法(読み)リョセンポウ

デジタル大辞泉 「呂旋法」の意味・読み・例文・類語

りょせん‐ぽう〔‐パフ〕【呂旋法】

中国および日本音楽の理論上の音階の一。宮・商・角・の五声に変徴・変宮の2音を加えた呂の七声のこと。相対的音程関係はソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファの形になる。雅楽の基本的音階とされてきたが、現在の雅楽の奏法にはほとんど用いられない。呂旋。呂。⇔律旋法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「呂旋法」の意味・読み・例文・類語

りょ‐せんぽう‥センパフ【呂旋法】

  1. 〘 名詞 〙りょせん(呂旋)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の呂旋法の言及

【旋法】より

…音楽理論用語。多くの旋律に共通する基本音階が考えられるとき,主音の位置や音域などにより,その音階をさらに細かく分類する概念。
[日本]
 旋法という語は日本の伝統音楽にはなく,明治になって作られたが,雅楽の律と呂ないし半律半呂の関係を律旋(法),呂旋(法)として区別した。これは三分損益の法によって得られた五声(5音音階)を基本音階とし,その第1度(宮)に主音をおく場合を呂旋,第5度(徴)におく場合を律旋としている。…

※「呂旋法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」