律旋法(読み)リツセンポウ

デジタル大辞泉 「律旋法」の意味・読み・例文・類語

りつせん‐ぽう〔‐パフ〕【律旋法】

日本音楽の理論上の音階の一。宮・商・角・の五声に嬰商えいしょう嬰羽の2音を加えた律の七声のこと。相対的音程関係はレ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの形になる。雅楽に用いられる音階。律旋。律。⇔呂旋法りょせんぽう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「律旋法」の意味・読み・例文・類語

りっせん‐ぽう‥パフ【律旋法】

  1. 〘 名詞 〙りっせん(律旋)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android