コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律旋法 リツセンポウ

デジタル大辞泉の解説

りつせん‐ぽう〔‐パフ〕【律旋法】

日本音楽の理論上の音階の一。宮・商・角・徴(ち)・羽(う)の五声に嬰商(えいしょう)・嬰羽の2音を加えた七声のこと。相対的音程関係はレ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの形になる。雅楽に用いられる音階。律旋。律。⇔呂旋法(りょせんぽう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

律旋法の関連キーワード呂旋法律調旋法