コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉広 ゴコウ

大辞林 第三版の解説

ごこう【呉広】

?~前208) 中国、秦末の人。字あざなは叔。秦朝打倒に陳勝ちんしようとともに諸将に先がけて挙兵。 → 陳勝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の呉広の言及

【陳勝・呉広】より

…陳勝は陽城(河南省方城県)の人で字は渉(しよう)。呉広は陽夏(河南省太康県)の人で字は叔(しゆく)。ともに秦の2世皇帝の元年(前209)7月に辺境防備のため徴発され,900人の里人とともに漁陽(河北省密雲県付近)に向かったが,大沢郷(だいたくきよう)(安徽省宿県付近)で大雨にあい,到着の期日に間に合わなくなった。…

※「呉広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉広の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)漢の時代(年表)秦の時代(年表)陳勝・呉広の乱陳勝・呉広陳勝・呉広高祖(漢)項羽と劉邦陳勝呉広彭越項羽陳呉劉邦張良趙高

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呉広の関連情報