陳勝(読み)チンショウ

精選版 日本国語大辞典「陳勝」の解説

ちん‐しょう【陳勝】

中国、秦末漢初の武将。字は渉。秦の二世皇帝の時、農民を率いて挙兵して王と称し、劉邦・項羽らの挙兵のきっかけを作った。「燕雀安んぞ鴻鵠を知らんや」の有名。前二〇八年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陳勝の言及

【陳勝・呉広】より

…中国,末の農民反乱の指導者。陳勝は陽城(河南省方城県)の人で字は渉(しよう)。呉広は陽夏(河南省太康県)の人で字は叔(しゆく)。…

※「陳勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android