呑舟(読み)どんしゅう

精選版 日本国語大辞典「呑舟」の解説

どん‐しゅう ‥シウ【呑舟】

〘名〙 (「荘子‐庚桑楚」の「呑之魚、碭而失水、則蟻能苦之」によることば) 舟をまるのみにすること。また、それほどの大魚。→どんしゅう(呑舟)の魚
五山堂詩話(1807‐16)二「海濶呑舟初漏網、林深枯木再生枝」 〔後漢書‐文苑伝・杜篤〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android