呑舟(読み)ドンシュウ

  • ×呑舟
  • どんしゅう ‥シウ
  • どんしゅう〔シウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「荘子‐庚桑楚」の「呑舟之魚、碭而失水、則蟻能苦之」によることば) 舟をまるのみにすること。また、それほどの大魚。→どんしゅう(呑舟)の魚
※五山堂詩話(1807‐16)二「海濶呑舟初漏網、林深枯木再生枝」 〔後漢書‐文苑伝・杜篤〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android