コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大魚 タイギョ

4件 の用語解説(大魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぎょ【大魚】

大きな魚。大鱗。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大魚 おおうお

古事記」にみえる女性。
菟田首(うだのおびと)の娘。袁祁命(おけのみこと)(弘計(おけ)王。のちの顕宗(けんぞう)天皇)と平群(へぐり)氏の祖平群志毘(鮪)(しび)が妻にしようとして歌垣であらそった。夜を徹して歌をたたかわせた翌朝,袁祁命は軍をひきいて志毘を殺した。「日本書紀」では,鮪とあらそったのは皇太子時代の武烈天皇,女性は物部影媛(もののべの-かげひめ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうお【大魚】

〔「おほうを」の転〕
大きな魚。 「 -のきだ衝き別けて/出雲風土記」

たいぎょ【大魚】

大きな魚。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大魚の関連情報