大魚(読み)タイギョ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大魚 おおうお

古事記」にみえる女性。
菟田首(うだのおびと)の娘。袁祁命(おけのみこと)(弘計(おけ)王。のちの顕宗(けんぞう)天皇)と平群(へぐり)氏の祖平群志毘()(しび)が妻にしようとして歌垣であらそった。夜を徹して歌をたたかわせた翌朝,袁祁命は軍をひきいて志毘を殺した。「日本書紀」では,鮪とあらそったのは皇太子時代の武烈天皇,女性は物部影媛(もののべの-かげひめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうお【大魚】

〔「おほうを」の転〕
大きな魚。 「 -のきだ衝き別けて/出雲風土記」

たいぎょ【大魚】

大きな魚。
[句項目] 大魚を逸する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうお おふを【大魚】

〘名〙 (「おほうを」の変化した語) 大きな魚。→大魚(おうお)よし
出雲風土記(733)意宇「大魚(おふを)のきだ衝き別けて、はたすすき穂振り別けて、三身(みつみ)の綱うち挂(か)けて」

たい‐ぎょ【大魚】

〘名〙 (「だいぎょ」とも) 大きな魚。大鱗(たいりん)
※今昔(1120頃か)五「此の大魚を見て寄て魚の肉を切取て五人して食てけり」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「二百余人の軍兵ども、水底に沈淪して、大魚(タイギョ)の腹に葬らる」 〔戦国策‐斉策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大魚の関連情報