コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大魚 タイギョ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぎょ【大魚】

大きな。大鱗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大魚 おおうお

古事記」にみえる女性。
菟田首(うだのおびと)の娘。袁祁命(おけのみこと)(弘計(おけ)王。のちの顕宗(けんぞう)天皇)と平群(へぐり)氏の祖平群志毘()(しび)が妻にしようとして歌垣であらそった。夜を徹して歌をたたかわせた翌朝,袁祁命は軍をひきいて志毘を殺した。「日本書紀」では,鮪とあらそったのは皇太子時代の武烈天皇,女性は物部影媛(もののべの-かげひめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうお【大魚】

〔「おほうを」の転〕
大きな魚。 「 -のきだ衝き別けて/出雲風土記」

たいぎょ【大魚】

大きな魚。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大魚の関連キーワードデッカイ トット マーチ長崎県平戸市生月町舘浦呑舟の魚は枝流に游がずOUGホールディングス釣り落とす・釣り落すカール ハイアセンビーブル・モラリゼ網呑舟の魚を漏らすムルチ(二代目)リバイアサンオキゴンドウゾアムルチしょっつる布勢内親王松岡大蟻化物問答ソウギョ今枝夢梅魚籃観音老人と海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大魚の関連情報