コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周口店動物群 しゅうこうてんどうぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうこうてんどうぶつぐん【周口店動物群】

チョウコウテン動物群ともいう。北京市郊外の周口店洞窟の堆積物に含まれる化石哺乳類群で,シナントロプス・ペキネンシス(北京原人)と共存していたとされる。ハイエナ,マカイロダス(剣歯虎の仲間),シナサイ,三門ウマ,トロゴンテリウム(ビーバー),楊氏トラ,ナキウサギオオツノジカナウマンゾウなどが含まれ,更新世中期の中国北部の哺乳類相を代表する。更新世前期から中期初頭の泥河湾(ニーホーワン)動物群とくらべ,旧北区の要素が強く,冷温帯の森林ないし草原の生活者で,より寒冷,乾燥の環境のものとされる次の黄土動物群に移行する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

周口店動物群の関連キーワードシナントロプス・ペキネンシス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android