コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周産期心筋症 シュウサンキシンキンショウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうさんき‐しんきんしょう〔シウサンキシンキンシヤウ〕【周産期心筋症】

心疾患既往歴のない女性が出産前後に突然発症する原因不明の心筋疾患。妊娠中から分娩後5か月以内に心不全症状が現れる。息切れ・咳(せき)・全身のむくみ倦怠感などの症状が続く場合は、早めに受診することが望ましい。産褥(さんじょく)心筋症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

周産期心筋症の関連キーワード産褥心筋症

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android