コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周産期心筋症 シュウサンキシンキンショウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうさんき‐しんきんしょう〔シウサンキシンキンシヤウ〕【周産期心筋症】

心疾患の既往歴のない女性が出産前後に突然発症する原因不明の心筋疾患。妊娠中から分娩後5か月以内に心不全症状が現れる。息切れ・咳(せき)・全身のむくみ倦怠感などの症状が続く場合は、早めに受診することが望ましい。産褥(さんじょく)心筋症

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

周産期心筋症の関連キーワード産褥心筋症心疾患

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android