息切れ(読み)イキギレ

デジタル大辞泉の解説

いき‐ぎれ【息切れ】

[名](スル)
呼吸がせわしくなって苦しいこと。「階段を上がるだけで息切れがした」
疲れが出たり緊張が続かなかったりして、仕事の能率が落ちること。「始めから頑張りすぎて息切れした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いきぎれ【息切れ】

( 名 ) スル
呼吸が乱れて苦しくなること。あえぐこと。 「ちょっと走っただけで-がする」
仕事の途中で、疲れたりあきたりして能率が急に落ちること。 「はりきりすぎて途中で-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

息切れの関連情報