コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味鄒 みすうMich‘u

世界大百科事典 第2版の解説

みすう【味鄒 Mich‘u】

新羅の王で,新羅金氏の始祖伝説上の人物。味照,未祖,未召などとも記す。新羅の初期王系は朴・昔・金3姓が交代で即位したとされているが,金氏としてはじめて王位についたのがこの味鄒である。金氏の始祖は閼智(おつち)であり,味鄒はその7世孫にあたる。《三国史記》はその在位期間を262‐284年と伝えるが,史実とみることはできない。味鄒それ自体も後代の呼称であったと思われる。【木村 誠】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

味鄒の関連キーワード慶州98号墳天馬図障泥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android