コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味鄒 みすうMich‘u

1件 の用語解説(味鄒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みすう【味鄒 Mich‘u】

新羅の王で,新羅金氏の始祖伝説上の人物。味照,未祖,未召などとも記す。新羅の初期王系は朴・昔・金3姓が交代で即位したとされているが,金氏としてはじめて王位についたのがこの味鄒である。金氏の始祖は閼智(おつち)であり,味鄒はその7世孫にあたる。《三国史記》はその在位期間を262‐284年と伝えるが,史実とみることはできない。味鄒それ自体も後代の呼称であったと思われる。【木村 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone