コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国史記 さんごくしき Samguk-sagi

6件 の用語解説(三国史記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国史記
さんごくしき
Samguk-sagi

朝鮮,古代三国 (新羅,高句麗,百済) に関する唯一の体系的史書。高麗時代の仁宗 23 (1145) 年,金富軾らが撰上。現存最古の板本としては中宗7 (1512) 年の慶州重刊本がある。司馬遷の『史記』の紀伝体の形式にならい,全 50巻。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんごくしき【三国史記】

朝鮮の歴史書。50巻。高麗の金富軾(きんふしょく)ら編。1145年成立。新羅(しらぎ)百済(くだら)高句麗(こうくり)の歴史を紀伝体で記したもので、朝鮮の歴史を体系的に述べた最初の書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三国史記【さんごくしき】

現存最古の古代朝鮮の官撰の歴史書。50巻。1145年,高麗の17代仁宗が,中国の正史編纂(へんさん)を先蹤として,金富軾〔1075-1151〕らに命じて編纂させたもの。
→関連項目コムンゴ(玄琴)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくしき【三国史記】

朝鮮古代の新羅,高句麗,百済3国に関する歴史書。1145年に金富軾らが編纂した官撰書。全50巻で,新羅本紀(1~12),高句麗本紀(13~22),百済本紀(23~28),年表(29~31),雑志(32~40),列伝(41~50)よりなる。構成は《漢書》など中国正史に準じ,記事は4世紀後半以後に編纂された各種の民族史料だけでなく,中国史料も多い。三国時代の歴史書は,高麗時代に数回編纂されたが,本書と《三国遺事》のほかはすべて散逸し,本書が現存最古のものとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんごくしき【三国史記】

朝鮮の現存する最古の史書。五〇巻。高麗の金富軾きんふしよくらの撰。1145年成立。新羅しらぎ・高句麗こうくり・百済くだらの三国の歴史を紀伝体で記す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国史記
さんごくしき

朝鮮の新羅(しらぎ)、高句麗(こうくり)、百済(くだら)三国の歴史を記した書籍。朝鮮現存最古の歴史書で、古代研究の基本史料。高麗(こうらい)、仁宗(じんそう)の命を受け、金富軾(きんふしょく)を中心に10名の史官が編修。1145年に進上。これ以前にもいまに伝わらない「三国史」があり、それを基にして補完したものと考えられる。金富軾が新羅系で、新羅中心史観でまとめられたとされるが、三国を対等に本紀で扱っている。本紀は新羅が12巻、高句麗10巻、百済6巻で、新羅の分量が多いのは存続年代からみて当然といえる。ほか年表3巻、地理・職官など志が9巻、金(きんゆしん)、蓋蘇文(がいそぶん)、弓裔(きゅうえい)など列伝が10巻、計50巻からなる。完本としては李朝(りちょう)中宗代(1506~44)に慶州で刊行された木版本が現存最古のもので、その影印本が流布している。[田中俊明]
『金思訳『完訳三国史記』上下(1980、81・六興出版) ▽井上秀雄訳注『三国史記』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三国史記の関連キーワード百済高句麗三韓楽聖明王長寿王文武王三国弥騰利汶洲王阿道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone