コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味酒を ウマサケヲ

デジタル大辞泉の解説

うまさけ‐を【味酒を】

[枕]《「を」は間投助詞》
うまさけ」に同じ。
「―三輪の祝(はふり)(=神主)が斎(いは)ふ杉」〈・七一二〉
「神奈備(かむなび)山」にかかる。酒をつくるのに米をよく噛(か)んで吐き出したものを瓶(かめ)にためて発酵させたところから、「かむ」の音を「神」に通わせたものともいう。
「―神奈備山の帯にせる明日香の川の」〈・三二六六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまさけを【味酒を】

( 枕詞 )
〔「を」は間投助詞〕
うまさけ 」に同じ。 「 -三輪のはふり(=神主)が斎いわふ杉/万葉集 712
酒を「醸成かみなす」意からいいかけて、「神名火かむなび」にかかる。 「 -神名火山の/万葉集 3266

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

味酒をの関連キーワード神奈備山神奈備万葉集

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

味酒をの関連情報