コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田慎二 わだしんじ

知恵蔵の解説

和田慎二

広島県呉市出身のマンガ家。本名は岩本良文(いわもとよしふみ)。1950年4月19日生まれ、2011年7月5日、虚血性心疾患のため死去。享年61歳。 
大学在学中の1971年、少女漫画雑誌「別冊マーガレット」(集英社)の9月号に「パパ!」が掲載されデビュー。代表作の一つである『スケバン刑事(デカ)』は、76年から82年まで白泉社花とゆめ」に連載された。主人公高校生・麻宮サキが事件を解決するストーリーで、ヨーヨーを使うアクションなどが話題になり、コミックスは累計2千万部を超えるベストセラーになった。現在はメディアファクトリーからMFコミックとして全12巻が発売されている。また、85年4月から87年10月にかけてフジテレビ系列でテレビドラマ化もされ、初代スケバン刑事を斉藤由貴が、その後南野陽子や浅香唯が演じ人気を集めた。この他、何度か映画化もされている。
その他の代表作には『超少女明日香シリーズ、『怪盗アマリリス』、『ピグマリオ』、『少女鮫(ざめ)』などがある。「花とゆめ」で『少女鮫』を連載後、白泉社から全ての作品の版権を引き上げ、その後は少年誌などでも幅広く活躍した。秋田書店ミステリーボニータ」にて連載中の『傀儡師(くぐつし)リン』が最期の作品となった。

(金廻寿美子  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

和田慎二の関連情報