版権(読み)ハンケン

世界大百科事典 第2版の解説

著作権の旧称で,1899年日本ではじめて法律に定められるまで,明治初期には権という用語が用いられた。1875年に改正された出版条例において〈図書ヲ著作シ,又ハ外国ノ図書ヲ翻訳シテ出版スルトキハ三十年間専売ノ権ヲ与フヘシ,此専売ノ権ヲ版権ト云フ〉(2条)と版権が規定された。この条例による版権は図書の出版にあたって,版権願書を内務省に差し出した著作者ないし出版者に与えられる権利で,願出がなければ版権の保護は受けられなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「謄写校正より板権の出願、絵図の彫刻及び印刷製本の為めに」
[語誌]英語 copyright の訳語。版権保護について、福沢諭吉は、「西洋事情‐外」(一八六六‐七〇)において「書を著述し図を製する者も、之を其人の蔵版と為して、独り利を得るの免許を受け、以て私有の産と為せり。之を蔵版の免許 コピライト と名つく」と述べ、明治維新後の出版条例(一八六九)の制定につながる。しかしはじめのうちは、「重版厳禁の権利」「専売ノ権」などが用いられており、「版権」は見られない。明治一〇年代に入って、図書の奥付に「版権免許」の文言が入るようになり、「版権」が一般化した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の版権の言及

【本】より

…暴君ドミティアヌスなどは,自分の意に反する書物が出版されると,その著者のみならず筆写した奴隷まで殺したと伝えられる。法治思想の発達したローマではあったが,版権に関する規約はなかった。著者が出版者から稿料をもらったかどうかについては,肯定と否定の両論があるが,詩人ホラティウスは,〈私の作品は海のかなたにまで伝わって名声四方にとどろいているけれども,いっこうに黄金は私のふところにはいってこない〉と嘆き,マルティアリスも,〈私の詩は蛮人の住むブリトンの国でまで歌われていながら,名声は財布と無関係である〉といっていることから推察すると,どんなによく売れても,著者は利益のわけまえにあずからない場合のほうが多かったらしい。…

※「版権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

版権の関連情報