コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和邇部用枝 わにべの もちえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和邇部用枝 わにべの-もちえ

?-? 平安時代中期の雅楽家。
篳篥(ひちりき)の名手。「古今著聞集」によれば,篳篥ぎらいで知られた明尊僧正(971-1063)が琵琶湖での月見の宴のとき,用枝の妙技をきいて感嘆の涙を流したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android