コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月見 つきみ

7件 の用語解説(月見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月見
つきみ

旧暦の8月 15日 (十五夜 ) と9月 13日 (十三夜 ) ,ときには 10月 10日に月に供物を上げ,月を拝み賞する年中行事。月の見える縁側などに机を出し,団子や季節の野菜などを供える。十五夜は里いもを供えることが多いので芋名月,十三夜は枝豆を供えるところから豆名月とも呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つき‐み【月見】

月をながめて楽しむこと。特に陰暦八月十五夜(中秋の名月)、九月十三夜(後(のち)の月)の月を観賞すること。また、その集まりや宴。 秋》「雲をりをり人を休むる―哉/芭蕉
卵を落とし入れた料理。卵黄を月に見立てていう。月見とろろ・月見饂飩(うどん)・月見蕎麦(そば)など。
近世、成人の祝儀の一。女子の鬢除(びんそ)ぎ、男子の袖止めの祝い。ふつう、16歳の6月16日に行い、その夜、月に供えた饅頭に穴をあけ、その穴から月見をした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

月見【つきみ】

旧暦8月15日の仲秋の名月と,同9月13日の後の名月を賞する行事。中国の風に習って平安時代に始まり,宮中で詩歌管絃の催しがあった。江戸時代には民間でも盛んになり,ススキと秋草をいけ,だんご,枝豆,サトイモ,クリ,カキなどを供えるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきみ【月見】

陰暦八月十五夜と九月十三夜を〈お月見〉〈名月(めいげつ)〉と呼んで,さまざまな供物をして月を拝し,また観賞する風は広く各地にゆきわたっている。都市とその周辺では,名月が古来,詩歌や俳諧の好題目とされてきたこともよく知られている。供物は異なるが,こうした中秋の名月観賞の風は,すでに中国唐代の記録に記されているから,それが朝鮮,日本に伝わって上流階級の間に行われ,しだいに民間にも及んだものと考えられる。

つきみ【月見】

平曲,能の曲名。(1)平曲 平物(ひらもの)。フシ物。平清盛の考えで福原遷都が行われた年の秋のことである。人々は須磨,明石などの名所で思い思いに月見をした(〈三重(さんじゆう)〉)。徳大寺左大将は,旧都で十五夜を過ごそうと京に戻ったが,わずかの間にようすが変わり,残っている家々も荒れ果てた感じだった(〈初重(しよじゆう)〉)。大将が姉である大宮(皇太后)の御所を訪れると,琵琶を弾いていた大宮は夢かと喜んで招き入れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つきみ【月見】

月を眺め楽しむこと。特に陰暦8月十五夜を中秋の月、9月十三夜を後の月見といって賞すること。月見団子とその年収穫した芋や栗を供え、穂の出たススキを飾る。おつきみ。観月。 [季] 秋。 「 -の宴」
卵を落とした、かけのうどんやそば。黄身を月に見たてていう。
江戸時代における成人の祝いの一。一六歳になった6月16日に祝われ、男子は袖止め、女子は鬢除びんそぎの儀式を行なった。その夜、月に供えた饅頭をとって穴をあけ、その穴から月見をしたことからいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月見
つきみ

月を眺め賞することであるが、一般には八月十五夜、九月十三夜の月を祀(まつ)ることをいう。岩手県、熊本県では正月の十五夜を月見とする所もある。
 月見には、月見団子と、その年収穫したいも(サトイモ、サツマイモ)やクリなどの畑作物を供え、ススキを飾る所が多い。八月十五夜を芋名月、九月十三夜を豆名月ともいい、8月の月見をすれば、9月の月見もかならずするものだという所がある。どちらか一方のみをすることを、片月見といって忌み、東京などでは片月見は災いがくるといって忌んでいた。福岡県の海岸地方では九月十三夜を女名月といい、この日は女が幅を利かす日だと伝えている。これは、中国で八月十五夜を中秋節といって、女の祭りとされているのと関連するのかもしれない。中国でも月餅(げっぺい)やスイカ、ナシ、カキなどの丸い果実を月に供えているが、日本の月見の供物も同様である。
 長野県には、小麦の月見ということばがあり、八月十五夜の晩、天気がよければ小麦が豊作、あるいは稲の中手がよいとも伝えている。小麦の名月は、佐渡では6月15日の満月で、この夜、小麦の団子を供えるという。
 月見の供物は、どこの家のものでもとってよいという地方は多い。東京近郊でも子供にとられると縁起がよいと伝えている。長野県では襷(たすき)一杯だけは、供物だけでなく、畑作物でもこの夜はとってよいという。襷一杯とは、襷で結ぶことのできる量ということである。大阪などでは前掛け一杯のものならよいと伝えている。これだけは公然と盗んでもよいというわけである。今日ではこの行為は、教育上よくないといって学校で禁じているが、本来は、盗みは、この夜訪れてくる神に盗まれること、すなわち神に受納されたと理解し、盗まれることを喜んでいたのである。
 十五夜の月の光によって1年の運を占う風(ふう)もある。沖縄では、八月十五夜にフチャギという小豆(あずき)を表面につけた餅(もち)をつくり、集落全体が見渡せる小高い所に登り、月に照らし出された家々を眺める。栄える家は暗く沈み、厄(やく)のある家は、家の中まで明るく見えるという。岩手県、熊本県、岐阜県などでも、正月十五夜の晩、月の光に映し出された自分の影を見て、1年の運を卜(ぼく)する風があった。影に首のない者は、その年のうちに死ぬというのである。1年の占いをすることは、この夜が年の境であったことを示すもので、八月十五夜の月見も、年越しの一つの習俗だったのである。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月見の関連情報