コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咳喘息 セキゼンソク

2件 の用語解説(咳喘息の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐ぜんそく【××喘息】

喘鳴呼吸困難は伴わず、空咳だけが長く続く喘息鎮咳薬は効果が少なく、気管支拡張薬ステロイド剤が有効。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

咳喘息

咳だけが長く続く喘息のこと。風邪をひいた後やタバコの吸いすぎ、アレルギーなどにより、気道が過敏となった状態が続くことにより起こる。2~3週間からひどい時は数か月~数年続く。咳喘息には、気管支喘息にみられるゼーゼーと音が鳴る「喘鳴(ぜんめい)」や呼吸困難がなく、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が効果をあらわす(通常の風邪薬では効果がない)。早期治療が必要で、咳喘息の患者の3割ほどが気管支喘息に移行するとされている。

(2016-4-21)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

咳喘息の関連情報