コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咳喘息 セキゼンソク

2件 の用語解説(咳喘息の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐ぜんそく【××喘息】

喘鳴呼吸困難は伴わず、空咳だけが長く続く喘息鎮咳薬は効果が少なく、気管支拡張薬ステロイド剤が有効。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

咳喘息

咳だけが長く続く喘息のこと。風邪をひいた後やタバコの吸いすぎ、アレルギーなどにより、気道が過敏となった状態が続くことにより起こる。2~3週間からひどい時は数か月~数年続く。咳喘息には、気管支喘息にみられるゼーゼーと音が鳴る「喘鳴(ぜんめい)」や呼吸困難がなく、気管支拡張薬や吸入ステロイド薬が効果をあらわす(通常の風邪薬では効果がない)。早期治療が必要で、咳喘息の患者の3割ほどが気管支喘息に移行するとされている。

(2016-4-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

咳喘息の関連キーワード呼吸困難短命名目的空咳呼吸器症状安静時呼吸困難吸気性呼吸困難呼気性呼吸困難労作時呼吸困難血胸症 (hemoneumothorax)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

咳喘息の関連情報