コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼吸困難 こきゅうこんなんdyspnea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呼吸困難
こきゅうこんなん
dyspnea

呼吸運動に努力を要し,困難を伴う状態をいう。過重な労作による呼吸困難は健常者でも感じるもので,特定の障害を意味しない。正常な呼吸運動には,1分間に 15回,に空気が適当に流入し,胸部,横隔膜および呼吸筋が健常で,肺,胸膜の弾力や,それらの神経支配も正常であることが必要である。したがって,これらのいずれかに障害があると呼吸困難になる。原因別に,肺性呼吸困難,心臓性呼吸困難,閉塞性呼吸困難,血液性呼吸困難,神経性呼吸困難,心因性呼吸困難などに分類できる。呼吸困難のためにガス交換が阻害され,血液中の二酸化炭素増加,pH低下が起ると,延髄の呼吸中枢が働いて過呼吸となり,次いで,異常に深くて速い呼吸 (クスマウルの大呼吸) がみられるようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こきゅう‐こんなん〔コキフ‐〕【呼吸困難】

呼吸運動や肺におけるガス交換に障害を起こし、が苦しくなる症状

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

呼吸困難【こきゅうこんなん】

種々の心臓・呼吸器疾患時に最も多くみられる。安静時呼吸困難は心臓疾患に多く,鬱血(うっけつ)性心不全の場合は臥位(がい)ではいっそう苦しく,患者は上体を直立させようとする(起座呼吸)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅうこんなん【呼吸困難 dyspnea】

心臓・肺の病気に際して最もしばしば認められる症状の一つで,呼吸の必要性,困難さ,不愉快さを自覚すること。この意味では,自覚症状の一つである。しかし,たとえば昏睡状態の患者で,苦悶の状態で,呼吸補助筋までも動員して努力性の呼吸をしている場合も,他覚的に呼吸困難があるとする学者も多く,統一されていない。また呼吸困難は〈息ぎれ〉の程度の強いものとすることが多いが,まったく同義の語として用いる人もある。
[発生機序]
 すべての場合に当てはまる説明はない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こきゅうこんなん【呼吸困難】

呼吸運動に努力感や空気不足感などの障害が伴う現象。気道の狭窄きようさく、心臓や肺の病気をはじめ、貧血・代謝障害・神経筋疾患などが原因となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呼吸困難
こきゅうこんなん

息をするのに苦痛を感じる感覚を表現する自覚症状で、息切れとほとんど同義的に用いられる。健康人では駆け足などの激しい運動時や高山に登ったときなどだけにみられるが、肺や心臓の疾患で換気や血流に異常があると、わずかな運動や安静時にも呼吸困難が現れる。この成因による分類として、しばしばフレッチャーFletcherの分類が用いられている。
(1)換気が高度に増加していることを自覚したときにみられる呼吸困難では、換気と酸素消費がともに増すが、両者のバランスが正常に保たれている場合と、保たれていない場合とがある。前者には健康者の運動時に現れる呼吸困難、発熱時や甲状腺(せん)機能亢進(こうしん)症、代謝性アシドーシスなどにみられる呼吸困難が該当し、後者には肺塞栓(そくせん)症、びまん性肺浸潤、高地での低酸素換気状態、過換気症候群などのときの呼吸困難が該当する。
(2)換気が困難であることを自覚したときに生ずる呼吸困難では、閉塞性換気障害と拘束性換気障害に区別できる。前者としては上気道の閉塞、閉塞性肺疾患などがあり、後者には呼吸筋の障害、胸壁の障害、肺実質および間質性疾患などがある。
(3)より多くの換気が必要であることを自覚したときの呼吸困難は、神経麻痺(まひ)などによって換気が減少している患者にみられる。この種の呼吸困難の意識は、息こらえの終わりの時期に感ずる感覚と似ているといわれる。
 自覚的呼吸困難の程度の分類としては、5段階に分けたヒュー‐ジョーンズHugh-Jones分類が用いられる。すなわち、度とは、同年齢の健常者と同様の労作が可能で、歩行、階段の昇降も健常者並みにできる程度の呼吸困難をいう。以下、度とは、同年齢の健常者と同様に労作ができるが、坂や階段の昇降は健常者並みにはできない程度のもの。度とは、平地でも健常者並みには歩けないが、自分のペースなら1キロメートルは歩ける程度のもの。度とは、休み休みでなければ50メートル以上歩けない程度のもの。度とは、話したり着物を脱いだりするのにも息切れがする程度のもので、息切れのため外出もできない。
 呼吸困難の意識を表現する動作として、臥床(がしょう)している者では二枚重ねの掛けぶとんを1枚にしたり、これをはねのけたり、着衣の胸をはだけて呼吸運動の妨げとなりうるものをすべて取り除いたりする。これらの多くの場合は、心因性で無意識に行われているのが普通である。過呼吸、起坐(きざ)呼吸、努力呼吸、吸気延長、呼気延長など、さまざまな呼吸形式の異常がみられるが、これらは呼吸困難発生に至る機序の相違や、背景にある呼吸機能障害の性格の違いによってそれぞれ異なった徴候を形成するためである。また異常呼吸の随伴徴候として、たとえば過換気症候群では、手や顔の麻痺、しびれ感、けいれんなどがみられる。呼吸機能障害に対する代償不全徴候としては、チアノーゼ、太鼓ばち指(指先が太鼓のばち状に肥大する)や頻脈などがみられる。呼吸困難を治癒させるためには、いかなる疾患によるものか、あるいは原因がなんであるかの鑑別が重要で、治癒を左右することになる。原因がなんであれ、不可逆性の慢性低酸素血症を伴う呼吸困難は、在宅酸素療法(HOT:home oxygen therapy)の適応となる。[山口智道]
『岡安大仁編『呼吸困難とその対策』(1989・医学書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の呼吸困難の言及

【息ぎれ】より

…これを息ぎれという。類似した用語に〈呼吸困難〉があり,息ぎれの程度が強く,不愉快な感覚を伴う場合に用いられることが多いが,息ぎれとまったく同義の語として用いる人も多い。
[種類]
 息ぎれは,体動によって出現あるいは増強することが多いが,安静時に認められることもある。…

※「呼吸困難」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呼吸困難の関連キーワードアレルギー性気管支肺アスペルギルス症先天性横隔膜ヘルニアビオチニダーゼ欠損シトレオビリジンテトロドトキシンカツオノエボシ横隔膜ヘルニア嚢胞性繊維症偽性クループブルーボトル仮性クループ気管支喘息酸素テント大葉性肺炎気管支肺炎心臓性喘息神経筋疾患癌性胸膜炎不安神経症放射性肺炎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呼吸困難の関連情報