コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喘鳴 ゼンメイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐めい【×喘鳴】

ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音上気道に痰(たん)などがひっかかったときや気管支喘息の患者などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんめい【喘鳴 stridor】

呼吸器疾患の患者が呼吸の際発するゼーゼー,ヒューヒューという雑音。〈ぜいめい〉といわれることもある。気管支喘息で最もよくみられ,攣縮(れんしゆく)し細くなった気管支壁が振動して音が発生し,口から放射される。隣室でも聞こえるような強いものから,聴診器を胸にあててようやく聞きとれるような弱いものまで,その強さはさまざまである。しかし,音の強さは気管支攣縮の程度とは必ずしも関係しない。一般に気管支の内径は息を吸う(吸息)ときに広がり,吐く(呼息)ときに細くなるために,喘鳴は通常呼息に際して発生しやすいが,吸息時にも発生することがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんめい【喘鳴】

呼吸時に出るぜいぜい・ひゅうひゅうという音。気管支喘息やジフテリアなどの炎症、異物・痰たんなどにより気道がせばめられたときに起こる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喘鳴
ぜんめい

ゼーゼーあるいはヒューヒューという呼吸音で、聴診器を用いないでも患者の傍らにいて聴取できる雑音(狭窄(きょうさく)音)をいう。気道の一部に狭窄があるときや分泌物がたまっているときに生ずる。乳幼児では生理的に気道が狭く、痰(たん)を自分でうまく排出できないためにおこしやすい。気道の感染のほか、アレルギー性の変化による場合が多く、異物や腫瘍(しゅよう)などでもおこる。吸気性におこる喘鳴(いわゆるstridor)は、喉頭(こうとう)以上の病変によるものであり、気管由来のものは吸呼気の両相に、また気管支由来のものはおもに呼気相に聴取される(wheeze)。[山口智道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の喘鳴の言及

【気管支喘息】より

…気管支喘息とは,発作性の呼吸困難と喘鳴(呼吸時のヒューヒュー,ゼーゼーという音)を特徴とする呼吸器疾患である。
[歴史]
 asthma(喘息)の語はギリシア語に由来し,〈あえぎ呼吸〉の意味である。…

※「喘鳴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喘鳴の関連キーワードアレルギー性気管支肺アスペルギルス症急性声門下喉頭炎(仮性クループ)先天性喘鳴(先天性喉頭喘鳴)ぜんそく様気管支炎気管・気管支異物気管支喘息治療剤低カルシウム血症夏型過敏性肺臓炎カドミウム中毒喘息性気管支炎喉頭けいれん仮性クループ偽性クループ重複大動脈弓気管支嚢胞呼吸器症状フルミスト血管性浮腫喉頭軟弱症ジフテリア