コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唃厮囉 こくしらrGyal‐sra

1件 の用語解説(唃厮囉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくしら【唃厮囉 rGyal‐sra】

997‐1065
吐蕃王朝の後裔に当たり,その名は〈仏の子〉の意。本名は欺南陵温籛逋。青唐方面の領袖らに推されて吐蕃の統一をはかり,はじめ郭州(阿什貢,貴徳の北西)に,ついで宗哥(bPsong‐kha)に,さらに邈川(ばくせん)(碾伯)に独立国を建て,西夏攻撃を条件に宋の援助を求め,やがて青唐に王国をきずくが,仏の再生として政治・軍事両面を統べた彼の姿は,後世チベットダライ・ラマパンチェン・ラマを思わせる。【岡崎 精郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

唃厮囉の関連キーワード治暦成宗ゲーザ成田空港の閣議決定と基本計画康平治暦新猿楽記福本豊帥記ハインリヒ[4世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone