コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唃厮囉 こくしら rGyal‐sra

1件 の用語解説(唃厮囉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくしら【唃厮囉 rGyal‐sra】

997‐1065
吐蕃王朝の後裔に当たり,その名は〈仏の子〉の意。本名は欺南陵温籛逋。青唐方面の領袖らに推されて吐蕃の統一をはかり,はじめ郭州(阿什貢,貴徳の北西)に,ついで宗哥(bPsong‐kha)に,さらに邈川(ばくせん)(碾伯)に独立国を建て,西夏攻撃を条件に宋の援助を求め,やがて青唐に王国をきずくが,仏の再生として政治・軍事両面を統べた彼の姿は,後世チベットダライ・ラマパンチェン・ラマを思わせる。【岡崎 精郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唃厮囉の関連キーワード当たり日後裔事に当たる図に当たる時に当たる胸に当たる小当りパタン王朝耳に当たる物に当たる

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone