コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唃厮囉 こくしらrGyal‐sra

世界大百科事典 第2版の解説

こくしら【唃厮囉 rGyal‐sra】

997‐1065
吐蕃王朝の後裔に当たり,その名は〈仏の子〉の意。本名は欺南陵温籛逋。青唐方面の領袖らに推されて吐蕃の統一をはかり,はじめ郭州(阿什貢,貴徳の北西)に,ついで宗哥(bPsong‐kha)に,さらに邈川(ばくせん)(碾伯)に独立国を建て,西夏攻撃を条件に宋の援助を求め,やがて青唐に王国をきずくが,仏の再生として政治・軍事両面を統べた彼の姿は,後世チベットのダライ・ラマ,パンチェン・ラマを思わせる。【岡崎 精郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

唃厮囉の関連キーワード治暦アルフォンソ(6世)青唐王国グラム当量成宗ゲーザ成宗[高麗]太宗[宋]太宗(宋)成田空港の閣議決定と基本計画

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android