らま

精選版 日本国語大辞典「らま」の解説

ら‐ま

〘接尾〙 (接尾語「ら」に、さらに接尾語「ま」の付いたもの) 名詞に添えて、そのものであることを強く指定する意を表わす。「大命(おおみこと)らま」「奴(やつこ)らま」「まほらま」などの形で、「大命そのもの」、のように意味を強める。
※続日本紀‐文武元年(697)八月一七日・宣命「現つ御神と大八嶋国知(しろ)しめす天(すめら)が大命良麻止(おほみことラマと)詔ふ大命を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「らま」の解説

ら‐ま

[接尾]《上代語》名詞に付いて、そのものであることを強く指定する意を表す。「やっこらま」「まほらま
天皇すめらが大命―と親王みことたち又汝王いましおほきみたち」〈続紀宣命・聖武〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android