コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らま ラマ

デジタル大辞泉の解説

ら‐ま

[接尾]《上代語》名詞に付いて、そのものであることを強く指定する意を表す。「奴(やっこ)らま」「まほらま
「天皇(すめら)が大命―と親王等(みことたち)又汝王(いましおほきみ)たち」〈続紀宣命・聖武〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らま

( 接尾 )
〔接尾語「ら」に、さらに接尾語「ま」の付いたもの。上代語〕
「おほみこと(大命)」「やつこ(奴)」などの下に付いて、そのものであることを強く指定する意を表す。…そのもの。 「大八島国知ろしめす天皇大命すめらがおおみこと-と詔りたまふ大命を/続紀 文武一宣命

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

らまの関連キーワード立ち止まる・立ち止る・立ち留まる安井曾太郎臣・奴・僕森島中良津波倉町森羅万象まほら接尾語寺前町萩原町三浦町東原町万象亭中平松西平松村松俵町寺前平松荒町

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

らまの関連情報