コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴徳 きとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貴徳
きとく

舞楽の曲名。右方の舞で,武の舞の代表曲の一つ。1人舞。前奏曲として「高麗小乱声 (こまこらんじょう) 」があったあと,「高麗乱声」によって舞人が登台,「小音取 (こねとり) 」の前奏を経て,高麗壱越 (いちこつ) 調の当曲 (中心曲) の「破」と「急」の章とが奏されて,舞が舞われる。舞人は裲襠 (りょうとう。うちかけ) 装束で,面をつけるがその面には「鯉口」と「人面」とがあり,太刀を帯び,鉾を持って舞う。漢代の肅慎 (しゅくしん) 国の帰徳侯の故事によった舞ともいわれ,「帰徳」とも書かれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きとく【貴徳】

雅楽の舞曲高麗楽(こまがく)。高麗壱越(いちこつ)調の中曲。一人舞で走舞(はしりまい)に属す。仮面をつけ、鉾(ほこ)を持って勇壮に舞う。番舞(つがいまい)は散手(さんじゅ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きとく【貴徳】

雅楽,舞楽の曲名。高麗(こま)楽にふくまれ高麗壱越(いちこつ)調。一人舞で武(ぶ)ノ舞。帰徳とも書き,貴徳侯,帰徳隻ともいう。番舞(つがいまい)は《散手》。裲襠(りようとう)装束に竜甲(たつかぶと),面(鯉口と人面の2種ある)をつけ,太刀と鉾を持って舞う。漢を封じた匈奴の王が凱旋して帰徳侯になったという故事にもとづく。演奏次第は,《高麗小乱声(こらんじよう)》―《高麗乱声》(登場,出手(ずるて))―《小音取(こねとり)》―破(四拍子)―急(唐拍子)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きとく【貴徳】

雅楽の一。右方に属する高麗楽、壱越いちこつ調の中曲。一人による武の舞。仮面をつけ勇壮に舞う。童舞わらわまいでも舞われる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貴徳の関連キーワード演舞Re夢蓮華会舞屋烏の愛唃厮囉舞楽面鳥羽亮高貴寺走り舞雅楽番子童舞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴徳の関連情報