唇音化(読み)シンオンカ

デジタル大辞泉の解説

しんおん‐か〔‐クワ〕【唇音化】

音声学で、両唇の作用で調音されること。また、調音の際に唇が二次的調音器官となって介入し、音声を変形させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんおんか【唇音化】

( 名 ) スル
音声学で、両唇の働きで調音されること。また、調音を行う際に、二次的特徴として唇音を伴うもの。例えば、「菓子」をクヮシのように発音する地域では、子音 [k]が唇音化しているといえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんおん‐か ‥クヮ【唇音化】

〘名〙 音声学で、両唇の作用で調音されること。また、ある音声が第一次調音で保証されている本質を失わずに、補足的な調音で唇音に変形されること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android