コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐人飴 トウジンアメ

デジタル大辞泉の解説

とうじん‐あめ〔タウジン‐〕【唐人×飴】

江戸後期ころから明治にかけて、中国風の服装で唐人笛を吹き、歌をうたいながら、長崎名物と称するを売り歩いた者。また、その飴。のちには唐人笛だけを吹き、飴と木製の笛を売って歩いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうじんあめ【唐人飴】

もち米に大麦のもやしを入れて作った飴。
唐人の衣装を着け、唐人笛を吹き、歌ったり踊ったりしながら売り歩いた飴売り。文政(1818~1830)の頃から明治初め頃まで見られた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唐人飴の関連キーワード唐人笠もち米(ごめ)飴売り大麦文政

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐人飴の関連情報