コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐人/韓人 カラビト

デジタル大辞泉の解説

から‐びと【唐人/韓人】

《古くは「からひと」》中国、または朝鮮の人。
「―も筏(いかだ)浮かべて遊ぶといふ今日そ我が背子花かづらせよ」〈・四一五三〉

とう‐じん〔タウ‐〕【唐人】

唐土の人。中国人。からびと。
外国人。異国人。異人。
「マドンナと云うと―の言葉で、別嬪さんの事じゃろうがなもし」〈漱石坊っちゃん
ものの道理のわからない人をののしっていう語。
「ええこの―めらあ」〈滑・膝栗毛・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうじん【唐人】

唐の人。転じて中国大陸から来た人,さらに異国人一般をさす語となる。9世紀には官人の中に唐人と明記された人があり,遣唐使とともに来住した人を唐人といっている。しかし唐の滅亡前後,とくに10世紀以降,中国大陸からの商人,宋商が九州,山陰,北陸に頻々と来着するが,これらの人は唐人とも併称された。九州の大宰府,越前の敦賀などに住みつく人も多く,平安末期には博多に大唐街があったといわれる。神人(じにん)・寄人(よりうど)となり,交易,海上交通に従事する宋人が北九州に現れるが,この人々も唐人と通称され,鎌倉後期の蔵人所牒(くろうどどころちよう)には,櫛,薬などを遍歴・交易したとみられる唐人が見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじん【唐人】

唐土の人。中国人。からびと。
外国人。異人。主に近世に用いた語。
わけのわからないことを言う者。物の道理のわからぬ者。 「この-めらあ、又おりろとぬかしやあがるか/滑稽本・膝栗毛 5
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐人 (トウジン)

動物。ソコダラの一種

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

唐人/韓人の関連キーワード高知県土佐清水市松尾静岡県下田市一丁目長崎県長崎市館内町長崎県長崎市寺町山口県萩市須佐十一谷義三郎丸山(遊廓)長崎はくさい会津唐人凧唐人屋敷古賀人形近藤清信平山芦江茶子味梅ほにほろ唐人囃子斎藤きちぴんとこ四百余州言喧ぐ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android