唐人(読み)とうじん

精選版 日本国語大辞典「唐人」の解説

とう‐じん タウ‥【唐人】

〘名〙
土の人。中国人。からびと。
※成尋母集(1073頃)「たうしんありなし聞きて、四月に京にはのぼらむ」
※玉塵抄(1563)六「唐人ははなをひるにも韻をふむぞ」
② 外国人。異国人。異人。毛唐人。
※仮名草子・犬枕(1606頃)「高(たかき)物しゅみせん・王位・ひさう伝・とうじのたうやとう人のはな」
③ ものの道理のわからない人、わけのわからないことをいう人をののしっていう語。唐人の申し子。
※浮世草子・西鶴織留(1694)三「鴟(とび)は俳諧やら烏は連歌やら、何をひとつも聞分る事なし、作者唐人なればこそ、其ままに済事なれ」
④ 山王祭の唐人行列、または神田明神祭の唐人囃子(ばやし)の唐人の役。また、唐人囃子のこと。
※咄本・無事志有意(1798)祭り「ばか太鼓や唐人(トウジン)でもねへから、踊を町内の子供にをしへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「唐人」の解説

とう‐じん〔タウ‐〕【唐人】

唐土の人。中国人。からびと。
外国人。異国人。異人。
「マドンナと云うと―の言葉で、別嬪さんの事じゃろうがなもし」〈漱石坊っちゃん
ものの道理のわからない人をののしっていう語。
「ええこの―めらあ」〈滑・膝栗毛・五〉

から‐びと【唐人/韓人】

《古くは「からひと」》中国、または朝鮮の人。
「―もいかだ浮かべて遊ぶといふ今日そ我が背子花かづらせよ」〈・四一五三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「唐人」の解説

とうじん【唐人】

唐の人。転じて中国大陸から来た人,さらに異国人一般をさす語となる。9世紀には官人の中に唐人と明記された人があり,遣唐使とともに来住した人を唐人といっている。しかし唐の滅亡前後,とくに10世紀以降,中国大陸からの商人,宋商が九州,山陰北陸に頻々と来着するが,これらの人は唐人とも併称された。九州の大宰府越前敦賀などに住みつく人も多く,平安末期には博多に大唐街があったといわれる。神人(じにん)・寄人(よりうど)となり,交易,海上交通に従事する宋人北九州に現れるが,この人々も唐人と通称され,鎌倉後期の蔵人所牒(くろうどどころちよう)には,,薬などを遍歴・交易したとみられる唐人が見いだされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android