コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐船風説書 とうせんふうせつがき

1件 の用語解説(唐船風説書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐船風説書
とうせんふうせつがき

江戸時代,中国から長崎に来た中国船がもたらし,幕府に書きあげられた中国情報。正保1 (1644,清の順治1) 年より享保9 (1724,清の雍正2) 年まで 81年間の 2300通が『華夷変態』および『崎港商説』に集められ,『通航一覧』にも若干収録されており,清朝のみならず,鄭氏一族,三藩仕出しの唐船のもたらす明清交代朝の情報に富むが,享保以降は重要性が減少し,また『和蘭風説書 (おらんだふうせつがき) 』に「支那の風説」が盛られるようになって,残り方も少くなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐船風説書の関連キーワードマガウアン華夷黒船切西国船唐通事聞役時代絹唐通事と蘭通詞上野のパンダ北山晋陽

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone