コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐蛮貨物帳 とうばんかもつちょう

世界大百科事典 第2版の解説

とうばんかもつちょう【唐蛮貨物帳】

江戸時代,唐通事・蘭通詞が作成し,長崎奉行を経て幕府勘定所に進達された《唐船貨物改帳》《阿蘭陀船荷物売立寄帳》など7種の帳簿を,暦の年度に従って仕分け表題したもの。唐・蘭船の積荷品目・数量,売上品の数量・代価,輸出する日本商品の数量・代価などを克明に記帳する。1709‐14年(宝永6‐正徳4)の13冊を収める。江戸時代の外国貿易資料としてきわめて信頼度の高いものである。【山脇 悌二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報