代価(読み)だいか

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐か【代価】

〘名〙
① 品物のねだん。売物のあたい。代金。しろ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四三「著書の代価(ダイカ)を得んことを請ひしに」
② (比喩的に) ある事柄をおこなうために生じる犠牲や損害。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉諸言「余は如何なる場合に於ても、如何なる代価を払ふも、只平和論を唱ふるものにあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐か【代価】

商品の値段。代金。
ある事柄を成し遂げるために生じた犠牲や損害。「権利獲得のために支払った代価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android