唖唖(読み)ああ

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐あ【唖唖】

[1] 〘副〙
① 烏(からす)の鳴く声。
五山堂詩話(1807‐16)一「暁窓夢回忽聴唖唖
② 小児がかたことでしゃべる声。
※再北遊詩草(1825)夢内「二女子自傍援袖掣衣、笑言唖唖」
[2] 〘形動タリ〙 あきれたように口をつぐんでいるさま。口をきかないさま。黙っているさま。
※狂詩・二大家風雅(1790)群僧行乞図「鶴翼又魚鱗、唖々顔若怒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android