コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯識宗 ユイシキシュウ

大辞林 第三版の解説

ゆいしきしゅう【唯識宗】

法相宗ほつそうしゆうの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の唯識宗の言及

【法相宗】より

…中インドのナーランダ寺で戒賢に師事した玄奘(げんじよう)が,唐初に帰国して伝えた護法(ダルマパーラ)の《成唯識論(じようゆいしきろん)》の学説に基づき,《解深密経》《瑜伽論》などを所依の経論として,慈恩大師窺基(きき)が開宗した宗派。唯識宗,慈恩宗などともよぶ。法相とは諸法つまり万象が有する本質の相状のことで,識以外の何物も存在しないと説くのがインドで成立した唯識派つまり瑜伽行派であり,窺基は師の玄奘が訳出した《成唯識論》の注釈たる《成唯識論述記》などを著し,法相を五位百法に分類し分析的に説明した。…

※「唯識宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唯識宗の関連キーワード華厳五教章法相宗五力唯識八識