コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法相宗 ほっそうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法相宗
ほっそうしゅう

唯識宗,応理円実宗,慈恩宗,有相宗,相宗ともいう。中国,唐の慈恩大師を宗祖とする大乗仏教一派。中国十三宗,日本八宗,南都六宗の一つ。宗名は諸法の性相 (本質と特質) を分別,判断することに由来する。阿頼耶識を根本識とし,一切法は唯識所変であると主張する。源流はインドの弥勒の『瑜伽師地論』の唯識説に求められ,その後無着,世親などの十大論師が出た。護法の弟子戒賢から玄奘が唯識説を受けて唐に伝え,その弟子慈恩大師によって中国法相宗の成立となった。日本には白雉4 (653) 年に元興寺道昭が入唐して,玄奘から唯識説を学んで伝えたのを初伝とする。その後南都仏教の一派として興隆し,学匠が輩出した。現在では奈良の薬師寺興福寺,京都の清水寺などがこの宗派を継いでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっそう‐しゅう〔ホツサウ‐〕【法相宗】

中国十三宗・日本南都六宗の一。瑜伽師地論(ゆがしじろん)成唯識論(じょうゆいしきろん)などを根本典籍とし、万有は識すなわち心の働きによるものとして、存在するものの相を究明する宗派。玄奘(げんじょう)の弟子、基(き)初祖。日本には白雉(はくち)4年(653)道昭が初めて伝え、平安時代まで貴族の支持を受けた。現在、奈良の興福寺薬師寺大本山とする。唯識宗。慈恩宗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法相宗【ほっそうしゅう】

インドの弥勒(みろく),無著(むぢゃく),世親(せしん)に起源し,中国の玄奘(げんじょう)が伝え,日本へは653年道昭,658年智通,703年智鳳(ちほう),717年玄【ぼう】(げんぼう)によって伝えられた大乗仏教の一宗派。
→関連項目恵日寺倶舎宗三論宗高田好胤中宮寺道昭法性唯識説唯識派頼耶縁起類聚名義抄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっそうしゅう【法相宗】

中国仏教十三宗の一つ。中インドのナーランダ寺で戒賢に師事した玄奘(げんじよう)が,唐初に帰国して伝えた護法(ダルマパーラ)の《成唯識論(じようゆいしきろん)》の学説に基づき,《解深密経》《瑜伽論》などを所依の経論として,慈恩大師窺基(きき)が開宗した宗派。唯識宗,慈恩宗などともよぶ。法相とは諸法つまり万象が有する本質の相状のことで,識以外の何物も存在しないと説くのがインドで成立した唯識派つまり瑜伽行派であり,窺基は師の玄奘が訳出した《成唯識論》の注釈たる《成唯識論述記》などを著し,法相を五位百法に分類し分析的に説明した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほっそうしゅう【法相宗】

中国一三宗・南都六宗の一。唐の玄奘げんじようが伝えた護法・戒賢の系統の唯識説をその弟子の窺基ききが大成したもの。「成唯識論」などをよりどころとして一切の存在・事象を五位百法に分類し、すべての実在の根源は阿頼耶識あらやしきにあるとする。日本へは653年道昭により初めて伝えられ、のち、さらに三度伝来された。元興寺・興福寺を中心に奈良時代に盛んに行われた。現在の本山は興福寺と薬師寺。慈恩宗。唯識宗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法相宗
ほっそうしゅう

仏教学派。中国唐代、インドより新たな唯識(ゆいしき)教学を将来した玄奘(げんじょう)門下に興った。659年(顕慶4)、玄奘によって訳出された『成唯識論(じょうゆいしきろん)』を根本典籍とし、同じく玄奘による新訳の唯識諸経論に基づいて、法相(現象固有の特質)を分析し研鑽(けんさん)していったところにこの学派の特色がある。事実上の初祖は、玄奘の直弟子基(き)(窺基(きき)、632―682)であり、彼の進言により、護法(ごほう)釈を基準とする現行の『成唯識論』が訳出されることになったと伝えられている。基は、本書に対し、『成唯識論述記』(『述記』)、『成唯識論掌中枢要(しょうちゅうすよう)』(『枢要』)の両注釈書を著し、さらに『大乗法苑義林章(だいじょうほうおんぎりんしょう)』を撰(せん)して法相宗の教学を確立した。その批判の矛先は旧訳(くやく)の真諦(しんだい)系の教義に向けられたが、この系統の教義が真如(しんにょ)と諸法を峻別(しゅんべつ)せず真如に対する一元的志向が強かったのに対し、法相宗は真如が諸法となることはけっしてなく諸法自体の原理としての阿頼耶識(あらやしき)を強調した。基の弟子に法相宗第二祖となった慧沼(えしょう)があり、その主著が『成唯識論了義燈(りょうぎとう)』(『了義燈』)である。彼の弟子には智周(ちしゅう)、義忠(ぎちゅう)、道邑(どうゆう)、道献(どうけん)などがいる。智周が第三祖となった人で、彼は『成唯識論演秘(えんぴ)』を著した。法相宗では、基の『述記』を『成唯識論』に対する根本注疏(ちゅうしょ)とみなし、『述記』の補遺的注釈ともいうべき基の『枢要』、慧沼の『了義燈』、智周の『成唯識論演秘』を唯識三箇(か)の疏(しょ)とよんで重んじた。
 基から智周に至る三代がいわば法相宗の正系であるが、異系として代表的な人に円測(えんじき)がいる。彼は新羅(しらぎ)の出身でやはり玄奘門下であるが、玄奘に学ぶ以前に摂論(しょうろん)宗の法常(ほうじょう)や僧弁に受学したためもあって、真諦の教学に明るくその影響も強い。彼の弟子には同じく新羅出身の道証(どうしょう)や勝荘(しょうそう)がおり、正系を認ずる側との間に論争があった。法相宗は、唐初の中国仏教界に華々しくデビューしたが、三祖以後は振るわず、その伝承はかえって日本に伝えられ、南都六宗の一つとして栄えた。[袴谷憲昭]

日本

わが国への最初の伝来は、653年(白雉4)に入唐(にっとう)し直接玄奘について学んだ道昭(どうしょう)によるものとされる。のち智通(ちつう)と智達(ちたつ)が入唐し玄奘と基に学んだのが第二伝で、以上の二伝を元興寺(がんごうじ)(南寺)伝という。第三伝と第四伝は智周に学んだ智鳳(ちほう)らと玄(げんぼう)で、これを興福寺(北寺)伝という。法相宗の著名な僧としては、社会事業にも力を尽くした行基(ぎょうき)、最澄(さいちょう)の一乗思想を批判した徳一(とくいち)、日本法相唯識の集大成『成唯識論同学鈔(どうがくしょう)』の編纂(へんさん)を促した貞慶(じょうけい)、その弟子で『観心覚夢鈔(かんじんかくむしょう)』の著者良遍(りょうべん)などがいる。法相宗の教勢は鎌倉新仏教の隆盛とともにしだいに衰えていったが、その命脈は、法隆寺、興福寺、薬師寺などを中心に今日も継承されている。[袴谷憲昭]
『深浦正文著『唯識学研究』上下(1954・永田文昌堂) ▽富貴原章信著『護法宗唯識考』(1955・法蔵館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法相宗の言及

【中道】より

…天台宗の智顗(ちぎ)は《中論》に基づいて空(存在には自性,実体はない),仮(ただし空も仮に説かれたことである),中(空にも仮にもとらわれない立場)の〈三諦円融〉を主張し,すべての存在に中道という実相が備わっているという〈一色一香無非中道〉を説いた。日本の法相宗においても,唯識派の三性説に基づいて,認識のあり方は,(1)実体と誤認する,(2)因縁によって生じたと見る,(3)実相をありのままに見る,の3種に分かれるが,これらは全体としては有でも無でもない中道をあらわすとする〈三性対望中道(さんしようたいもうのちゆうどう)〉等の説がなされた。【松本 史朗】。…

【道昭】より

法相宗の学僧で,道照とも書く。河内国丹比郡の生れ。…

【南都六宗】より

…奈良六宗ともいう。8世紀に官大寺などで研究されていた三論宗,成実(じようじつ)宗,法相(ほつそう)宗俱舎(くしや)宗華厳(けごん)宗律宗の六宗を指す。六宗の成立以前に華厳宗を除く五宗が成立していたことは,718年(養老2)10月の太政官符に〈五宗の学,三蔵の教〉とあることからもうかがわれ,藤原氏祖先の伝記である《家伝》(鎌足伝)も藤原鎌足が飛鳥元興(がんごう)寺に五宗の研究の費用を寄付したと伝えている。…

【薬師寺】より

…奈良市西ノ京町にある法相宗の大本山。南都七大寺・十五大寺の一つ。…

※「法相宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法相宗の関連キーワード岐阜県各務原市那加雄飛ケ丘町一乗院宮真敬法親王奈良県奈良市菅原町法相宗秘事絵詞大乗院隆温佐伯 定胤観心覚夢鈔佐伯 良謙大西 良慶高田 好胤大西良慶佐伯良謙一乗要決奈良時代橋本凝胤五性各別佐伯定胤解脱上人瑜伽宗行仏性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法相宗の関連情報