コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啄評 たくひょう

世界大百科事典 第2版の解説

たくひょう【啄評】

朝鮮の6~7世紀の新羅王畿内の行政単位。喙(中国),喙評(日本)とも書く。《梁書》新羅伝に〈新羅の邑落は,畿内にあるものを啄評,畿外にあるものを邑勒(ゆうろく)という。中国の郡県にあたるもので,新羅には六啄評と五二邑勒がある〉とある。この六啄評を新羅王畿(王都周辺の慶州貴族が基盤とする地域)の六村六部に比定する説,啄と幢(軍隊,軍団)とを音通するものとして,王畿の六停(六つの軍営所在の県)に比定する説との両説がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

啄評の関連キーワード内評・外評

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android